会計ソフトの選び方について

main-img

会計ソフトは多数の企業からパッケージとして販売されていますし、クラウドのサービスとしても多数サービスが提供されています。
個人から企業まで選び方がさまざまなソフトの一つですが、長く使うものですから納得して購入したいものです。

個人や中小企業の会計ソフトの選び方は主に2点あります。


1つはサポートが必要かどうかです。


会計に詳しくない場合は入力自体が難しいことが多いです。



そのため、会計ソフトで入力をサポートしてくれる機能が重要です。

また、企業の規模に合わせて用意されていることもあり、重要な選択ポイントとなっています。
2つめは価格です。



高いソフトウエアが良いという時代は終わっており、必要に応じてソフトを選ぶことが大事です。
また、場合によっては税理士や会計士から指定されることもありますので価格で選ぶことはさけるべきです。


大企業の場合は専用ソフトを構築することが多いですが、市販ソフトやクラウドサービスでも資本や売上に関わらず利用出来る体制が整ってきています。従来は扱えるデータ量に限度があり、コンピュータの性能的に厳しかったこともありますが、多くのコンピュータで大容量のデータを扱えるようになったことから企業規模を問わずに対応できるようになってきています。会計ソフトはソフトウエア間の使い勝手がかなり異なるのが特徴です。


各ソフトウエアでは試供版が用意されていることが多いので、必ず会計担当者に利用してもらってから選択することが大事です。



初心者向き会計ソフト

subpage01

会計ソフトでもっとも違いが出やすいのが入力機能です。会計データの入力は数字を入れていくだけと考えがちですが、各種科目の選択のしやすさ、税抜き、税込み入力のしやすさなど、普段使うソフトであるからこそ、しっかりチェックして購入したいものです。...

more

知りたい会計ソフト

subpage02

会計ソフトはソフトメーカーによってかなりの使い勝手の差があります。会計ソフトにおける使い勝手とは入力、集計、出力で大きく分けられます。...

more

会計が気になる方に

subpage03

企業では、売り上げデータや支出入などのデータを記録しておく為に帳簿をつける事が義務となっています。確定申告などにおいて、その帳簿が必要になりますので、細かな項目まで記録出来た方が良いです。...

more

知っておきたい常識

subpage04

会計ソフトはさまざまな観点で特徴が出ているソフトが多く、選ぶ際には迷う方が多いです。特に中小企業や個人事業主の場合は価格もさまざまであり、選択肢がとても多いのが難点でもあります。...

more