改造しているバイクをバイク買取業者に依頼する際には

subpage01

バイクの改造が趣味で、これまでたくさんバイクの改造を行ってきたけれども、いざ売却しようと思った時にバイクを改造していると売れないと思った人はいないでしょうか。


確かにこだわりの強い改造を行っている場合には、次の乗り手を選ぶことになり、自分の趣味に合わなかった場合にはなかなか売れないというから、バイク買取業者から買取を拒否されてしまったり、買取価格が極端に落ちてしまう場合もあります。


そのためノーマルなバイクの方が売れやすいということはありますが、個人で売買する場合やオークションを利用する場合には事情が違ってきます。

自分が行ってきた改造がセンスの良い改造であったり、万人受けするようなすばらしい改造だった場合、人気の改造部品を利用している場合などには、バイク買取業者にたとえ買取を断られたとしても、予想以上の高値で売れることもあるのです。



個人売買やオークションでは、自分好みのカスタムバイクを探している人も多いものです。
もともとは同じノーマルなバイクとカスタムバイクを比較した際に、カスタムバイクの方が年式が古く、走行距離も多かったとしても、お金をかけてたくさん改造したバイクは、ノーマルのバイクよりも高く売れる可能性が大いにあるのです。

朝日新聞デジタルに関しての関心度が高まっています。

しかしこれらのことは個人売買やオークションでの売買の際のことであり、バイク買取業者ではなかなかうまくはいきません。



改造されたバイクについて高い知識を持っている業者が少なく、多くの買取業者ではノーマルなタイプが好まれているのです。